先週の Key Word(焦点)Key Sentence(意味)Sentiment(心情)

ここでは分析用ソフトウェア「KH Coder」で量的な分析を行い、

そのうえで筆者が質的な分析を整合性をもって行っております。

以下の順で先週の市場の動きを簡潔に整理します。
日付&前営業日比価格変化%
Key Word(焦点)
Key Sentence(意味)

02月20日 2024 -0.60%

*決算(Earnings)、エヌビディア(Nvidia)*

*エヌビディアが決算報告を前に広範なテック銘柄の下落を主導したため、

火曜日の株価は下落した。

*市場にとって潜在的な転換点とみられるエヌビディアの決算が目前に迫っている。

それは、ほんの一握りの超大型株が大部分の利益を牽引しているだけだからだ。

*ウォルマ―ト(Walmart)*

ウォルマートはテレビメーカーのビジオを23億ドル(1株当たり11.50ドル)で買収

と同社は発表し、これを受けてビジオの株価は約16%上昇した。

ウォルマートの世界的な電子商取引売上高の二桁成長が同社の利益を後押しし、

大手小売業者も四半期利益と売上高予想を上回ったため、

ウォルマートの株価は3%以上上昇した。

本日の頻出語のトップ3は、決算(Earnings)、エヌビディア(Nvidia)、

ウォルマ―ト(Walmart)。

02月21日 2024 +0.13%

*エヌビディア(Nvidia)*

Nvidiaの株価が過去1年間で230%近く急騰したため、

この発表に至るまでNVIDIAの高い評価をめぐる懸念が高まっていた。

*金利(Rate)*

連邦公開市場委員会がインフレは鈍化しているという「さらなる確信」を得るまで

利下げは行われないとFRB当局者らは示唆した。

*決算(Earnings)*

閉会ベルの後、NVIDIA は第 4 四半期の決算と第 1 四半期の収益見通しを報告した

が、これはウォール街の高い期待を上回りました。

本日の頻出語のトップ3は、エヌビディア(Nvidia)、金利(Rate)、

決算(Earnings)。

02月22日 2024 +2.11%

*エヌビディア(Nvidia)*

人工知能事業の急成長で総収益が前年比で265%も増加したと同社が発表した事で

エヌビディアの株価は16.4%急騰して史上最高値を記録した。

*記録(Record)*

木曜日にはS&P500とダウジョーンズはともに過去最高値で取引を終えた。

ナスダック総合は過去最高値にあとわずかに届かずに取引を終えた。

*AI(人工知能)*

チップメーカーのCEOは、収益が265%増加したと報告し、

AIハードウェアの需要が急増している兆候の非常に明るい見通しが示された事で、

同CEOは、生成AIは「転換点に達した」と述べた。

本日の頻出語のトップ3は、エヌビディア(Nvidia)、記録(Record)、

AI(人工知能)。

02月23日 2024 +0.03%

*記録(Record)*

ダウは上昇して新記録を更新、S&P 500は史上最高値を更新。

*決算(Earnings)*

企業決算では、第4四半期の売上高がウォール街の予想を上回ったことを受け、

ブロックは16.1%急伸した。

カルバナは中古車小売業者が2024年に小売台数が増加するとの見通しを受け、

同社の株は32.1%上昇した。

*エヌビディア(Nvidia)*

好調な四半期決算を受けてエヌビディア株が急騰し、

同社株の評価額が一時的に2兆ドルを突破する等の状況から、市場は脱しつつある。

本日の頻出語のトップ3は、記録(Record)、決算(Earnings)、

エヌビディア(Nvidia)。

Sentiment(心情) イメージ
先週も買いで儲かったわ、これからも! "O"
全然動かない。全然わからない。 "Z"
先週は売られて、損をしてしまったわ! "X"

S&P 500 Index 週末比 +1.66%

"O"

黒太字0 赤字0

株式市況以外の経済記事(価格バイアスにより情報が選択的にならないよう。)

スマートテレビメーカーのビジオを23億ドルで買収することで、

ウォルマートは今週、広告事業の範囲を拡大する計画を確認した。

アマゾンが広告事業を前年比27%成長させたことを受けて、

ウォルマートがより多くのデータと広告力を獲得する動きは行われたか。

Homeページに免責事項の記述があります。

Chart Image