先週の Key Word(焦点)Key Sentence(意味)Sentiment(心情)

ここでは分析用ソフトウェア「KH Coder」で量的な分析を行い、

そのうえで筆者が質的な分析を整合性をもって行っております。

以下の順で先週の市場の動きを簡潔に整理します。
日付&前営業日比価格変化%
Key Word(焦点)
Key Sentence(意味)

06月03日 2024 +0.11%

経済の(Economic)

米国の製造業データが弱く、経済の強さに対する懸念が高まったことから、

6月の取引をダウ工業株30種平均は下落で開始した。

製造業(Manufacturing)

米国の製造業は減速の兆しを見せ、5月のISM製造業景気指数は48.7となり、

国債利回りとドルは下落した。

ゲームストップ株(GME)

ボラティリティのため一時取引停止となったGME株は、上昇幅を約20%に縮小した。

AMCは約10%上昇して取引を終えた。

本日の頻出語のトップ3は、一位は経済の(Economic)。

二位は同数で、製造業(Manufacturing)とゲームストップ株(GME)。

06月04日 2024 +0.15%

金利(Rate)

トレーダーらは今年2回の利下げの可能性を現在約62%と見積もっており、

これは1週間前の約36%から上昇している。(CMEフェドウォッチツールによる)

データ(Data)

予想を下回る経済データが続いたことを受けて、投資家は利下げ予想を変えた。

雇用(Job)

火曜日に発表された政府の新データに拠ると4月の求人数は2021年2月以来の最低水準。

労働市場はさらなる再均衡化の兆しを見せている。

本日の頻出語のトップ3は、金利(Rate)、データ(Data)、雇用(Job)。

06月05日 2024 +1.18%

記録(Record)

エヌビディアが主要ハイテク株の上昇を牽引。労働市場のデータがやや弱かった為、

投資家はフェドが年内に金利引き下げに動くかもしれないと期待し、

S&P500は水曜日に、新たな記録を更新した。

エヌビディア(Nvidia)

水曜日はテクノロジー株が明らかに主導者となり、Nvidia(NVDA)は5%以上急騰し、

同社の時価総額が初めて3兆ドルを超えた。

フェド(Fed)

Fedの政策変更への期待は高まっているようだ。CME FedWatchツールによると、

現在トレーダーの約65%が、政策当局が9月の会合で政策金利を引き下げると予想。

これは1週間前では50%未満だった。

本日の頻出語のトップ3は記録(Record)、エヌビディア(Nvidia)、フェド(Fed)。

06月06日 2024 -0.02%

金利(Rate)

ウォール街は金曜日の5月の非農業部門雇用者数発表に注目しており、

投資家は、フェドの利下げを後押しする可能性がある、労働市場の軟化の兆候を探す。

フェド(Fed)

市場は最近の経済指標の軟化を、フェドが政策転換を再び検討する理由として歓迎。

最高記録(Record)

チップメーカーのエヌビディアは約1.2%下落し、過去最高値から下落した。

本日の頻出語のトップ3は、一位は同数で、金利(Rate)、フェド(Fed)。

三位は最高記録(Record)。

06月07日 2024 -0.11%

金利(Rate)

市場は6月の会合後に金利変更の発表はないものと予想しているが、

「ドット・プロット」の発表により、今後数カ月から数年の間に何回の金利引き下げを

中央銀行が行うかの予測が、これにより明らかになる。

雇用(Job)

平均時給は先月0.4%上昇し、前年比では4.1%上昇した。

しかし、平均時給や雇用者数の増加にもかかわらず、失業率は4%に上昇した。

経済(Economy)

経済は低金利の助けなしに成長を続けるほど強力である。

本日の頻出語のトップ3は、金利(Rate)、雇用(Job)、経済(Economy)。

Sentiment(心情) イメージ
先週も買いで儲かったわ、これからも! "O"
全然動かない。全然わからない。 "Z"
先週は売られて、損をしてしまったわ! "X"

S&P 500 Index 週末比 +1.32%

"O"

株式市況以外の経済記事(価格バイアスにより情報が選択的にならないよう。)

GameStop!第1四半期の純売上高は8億8180万ドルで、前年同期比29%減となった。

同社はまた、追加株式を売却すると発表した。

ミーム株トレーダー「Roaring Kitty」は、東部標準時正午にライブストリームを開始予定。

Homeページに免責事項の記述があります。

⋆上図、各語は最上段左端から最頻出語順、垂直メモリは当該日のトップ3中の占有率。

⋆下図、其其は前日比%(青は上昇、オレンジは下降)と其其の積算値(垂直メモリ)。

Chart Image